トップへ

ごあいさつ
薬局では薬剤師6名と薬剤助手1名が力を合わせ、病院の中で使われるすべての「薬」について、安全で効果的に使用されるように、様々な業務を行っています。 薬をとおして、患者さまがより安心して医療を受けられるように、そして、一日も早く回復できるように、多職種と連携を図り、研鑚を重ねています。お薬についてご不明な点がありましたら、お気軽に薬剤師にご相談ください。
薬局理念
私たちは自己研鑽に努め、安全で効果的な薬物療法の提供を通して、地域医療に貢献します。
業務紹介
調剤業務
医師の処方箋に基づき、患者さまが薬を適切に使用できるように調合しています。お薬の量や使い方、飲みあわせなどで処方内容に疑問があれば、処方した医師に確認しています。


調剤室

調剤業務システム
VP-Win(TOSHO)

自動錠剤散薬分包機
io-1000(TOSHO)

散薬監査システム
SW-K(TOSHO)

自動散薬分包機
io-9090(TOSHO)
注射薬調剤業務
医師の注射薬処方箋に基づき、使用する注射薬を患者さま毎に1日分ずつ準備しています。特に注射剤は人体に直接使用するため、より正確な作業が要求されます。

注射薬調剤室
注射薬無菌混合業務
患者さまに安全な治療を提供するため、クリーンベンチを使用して無菌の環境下で、高カロリー輸液(中心静脈から投与する高濃度の栄養輸液)を混合しています。
無菌調剤室
NCF-1300S(日科ミクロン)
製剤業務
対象となる患者さまが少ないなどの理由から、製薬会社で作っていないお薬を医師とともに考案し、院内製剤を調製しています。
薬剤管理指導業務
患者さまが安心して治療を行えるよう、薬の飲み方や使い方、副作用や注意事項などを説明し、患者さまの疑問にお答えしています。
病棟薬剤業務
お薬がより安全・適正に使用されるように、お薬の専門家としての視点を生かし、チーム医療の一員として医師・看護師など多職種と連携しています。
お薬説明書・薬袋
治療薬物モニタリング(TDM: Therapeutic Drug Monitoring)業務
治療量と中毒量が極めて近いお薬を安全で効果的に使用するため、患者さま個々に合わせて最適な投与量・投与方法を設計し、医師に提案しています。
医薬品情報管理業務
医薬品を適切かつ安全に使用するために、医薬品に関する情報を収集・評価し、医師などの医療従事者や患者さまに提供しています。
医薬品情報管理室
医薬品管理業務
お薬には使用期限があり、光や温度、湿度により品質が低下することもあります。法令を遵守し、在庫管理や品質管理を行っています。
血液製剤(輸血)管理業務
安全で有効な輸血療法と血液製剤の適正使用を推進するため、厚生労働省の指針に基づき、血液製剤の在庫管理や輸血情報の管理を行っています。
訪問薬剤管理指導業務
薬剤師がご自宅を訪問して、薬物療法の支援やお薬管理のお手伝い、薬の飲み方や使い方、副作用や注意事項などを説明しています。
チーム医療
感染制御、栄養管理サポート、緩和ケア、褥瘡管理や糖尿病療養指導など、多職種から構成される医療チームに、回診・カンファレンスなどを通じて積極的に参加しています。
認定・専門薬剤師
認定・専門薬剤師とは、各専門領域に関する専門的な知識と技能を持っている、薬のエキスパートです。当院には以下の認定・専門薬剤師が在籍し、治療がより効果的で安全に行えるように貢献しています。

  • 日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師:1名
  • 日本臨床栄養代謝学会 NST専門療法士:1名
  • 日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師:1名
  • 日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士:1名
  • 日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師:2名
  • 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師:2名
主な業務実績(平成30年度)
  • 院外処方箋枚数:42,707枚
  • 院内処方箋枚数:入院9,147枚・外来78枚
  • 注射薬処方箋枚数:13,876枚
  • 薬剤管理指導料算定件数:1,489件
  • 退院時薬剤情報管理指導料算定件数:542件
  • 病棟薬剤業務実施加算1算定件数:1,957件
  • 高カロリー輸液無菌混合件数:816件(うち無菌製剤処理料2算定件数:105件)
院外処方箋について
当病院では厚生労働省が推進する医薬分業の趣旨に基づき、すべての外来患者さまを対象に院外処方箋を発行しています。お薬は病院外の保険薬局に院外処方箋をお持ちになり、お受け取りください。ご理解とご協力をお願いします。
  • 処方せんの有効期限は発行日から4日間です。期間を過ぎると「無効」になります。
  • 保険薬局に院外処方箋をお持ちいただかないと、お薬は受け取ることができません。
  • 後発医薬品の処方を希望される場合は、診察の際に主治医とご相談をお願いします。
薬学教育6年制の実務実習
薬学生実務実習受入施設として、6年制薬学生の実務実習を受け入れています。実習では実務実習指導薬剤師を中心に、職員の指導のもと実際の医療現場に立ち、病院薬剤師に必要な業務全般や心構えを学んでいます。 実務実習期間中は、患者さまをはじめ皆様にご協力をお願いすることがありますので、ご理解とご協力をお願いします。
  • 令和元年度受け入れ実績:完結型3名(北海道科学大学2名、北海道医療大学1名)
  • 平成30年度受け入れ実績:完結型3名(北海道科学大学2名、奥州大学1名)
  • 平成29年度受け入れ実績:完結型3名(北海道薬科大学2名、北海道医療大学1名)
保険薬局のみなさまへ
院外処方箋の疑義照会については、診療時間内の連絡にご協力をお願いします。FAXによる場合は、以下の「疑義照会・連絡等FAX票」をご利用ください(保険薬局独自の様式を使用しても構いません)。
医薬情報担当者のみなさまへ
医薬情報活動の規則については、以下の「医薬情報活動要項」をご確認ください。当院では取引業者管理・アポイント予約システム(Dr.JOY)を導入しています。医薬品の適正使用推進にご協力をお願いします。